コロナ後のロスジェネ世代 これからの働き方改革

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ!ハイリー(@yoshinagan77)です。

いつも通勤電車に乗っていて思うことがあります。

ロスジェネ世代の私よりも年上でスーツを着て通勤電車に乗っている方は勤務先でどんな仕事をしてるんだろうと?

職人さんは別です。

日々、現場の作業で決められた作業を心技体で作業されていると思うので尊敬しています。

作業が止まってしまうと社会インフラが止まりかねないのでかなり大事だと思ってます。

ただ、私が思うのはホワイトカラーのサラリーマンです。

年配のホワイトカラーだと「たぶん、たぶん」なんですけど、多くの方はこうだと思うんです。

  • 英語は分からない
  • ITも得意ではない
  • デジタルツールも得意でない
  • アナログ思考
  • 飲みニケーションが好き
  • 専門分野があいまい
  • すぐ電話
  • 相手の時間をなんとも思わない
  • 面倒くさいことは基本部下か後輩の仕事

正直、偏見の塊だと思ってますが、今までの会社組織の中だとこうなりがちだと思っています。

制度上、会社がリストラしにくいのでとりあえず、残している感じなんでしょうけど。

必要なんでしょうか?

去年くらいから大企業でも「45歳以上のリストラ」が始まってますよね?

「黒字リストラ」なんていわれて。

我々、ロスジェネ世代は上の世代と同じようなことができる社会的な余裕はもうないでしょうね。

人口は我々、ロスジェネ世代から下は完全に減っていきますし、これから先、我々、ロスジェネ世代は「動けない」と下の世代の「お荷物」になってしまって、相手されなくなるでしょうね。(少なくとも私はそう考えています)

「自己完結(個人だけでなく、家族、友人含めて)」をモットーに生きていかないとなかなか難しいのではないでしょうか?

なので、これからは希少な若者とのコミュニケーションは大事になると思います。

相手されないと前に進まなくなるんですから。

我々、ロスジェネ世代にとってはまどろっこしいですが時代ですね。

合わせていかないと絶滅してしまいます。

「強いものが生き残るのではなく、変化できるものが生き残る」のですから。

私の考える若者との共存方法
  • 押し付けるのではなく引き出す
  • 若者の流行っているものを聞き、関心を持ってみる
  • 頭ごなしになるのではなく、共感し、諭す
  • 昔の話は理解されない
  • 過去の武勇伝より今の出来栄え
  • 電話よりメール・ライン
  • 見た目、臭い、○○ハラに気をつける

後で紹介する「サーバント・リーダーシップ」も参考にしてください。

しかも、価値観の変化は「コロナ禍」を経て、加速していくように思います。

コロナ禍での変化
  • テレワークへの移行
  • 時差通勤への移行
  • オンライン会議の普遍化
  • 作業場所・作業時間の分散化
  • 飲みニケーションの消滅
  • 結果重視への移行

今までのように「会社にいる」だけで給料が貰えていたのが「可視化した成果物」をあげないと仕事していることにはならないのです。

「オンライン会議」は「発言しないと意味がない」

今までのように会議に参加しているだけではダメなんですね。

そうすると必要なスキルもあるはずです。

個人的に必要と思うスキル
  • ITスキル
  • ライティング
  • 提案力
  • 発信力
  • リーダーシップ
  • マネジメント力
  • 物事の可視化
  • ファシリテーション

簡単にいうと「考えていることや問題点を可視化して提案・発信・実行」できるスキル

中でも「リーダーシップ」と「マネジメント力」については混同しやすいので分けて考えてみましょう。

そして、現代は状況の変化が早いので、場合によってはリーダーが入れ替わることも多々あります。

当然、従う側にも変化必要です。

従う側の心得「フォロワーシップ」

そして、そして、異質のリーダーシップ「サーバント・リーダーシップ」

状況の変化が早く、価値観の多様性からチームメンバーの意見の吸い上げから方向性を導き出して、支援していくタイプのリーダーシップ。

時代的にはこの「サーバント・リーダーシップ」が有効ではないかと考えています。

ちなみにこれらは「グロービス学び放題」から勉強しました。

無料で手軽にMBAを体験したい方はこちら

スマホででもできるオンライン学習10日間無料体験可能ですのでオススメです。

無料期間中だけでもかなり勉強できますよ。

状況をみて変化していかないと本当に怖い時代が来ているように思います。

以上、ハイリーでした。

勉強
スポンサーリンク
yoshinagan77をフォローする
スポンサーリンク
ハイリーさんの日々是好日

コメント

タイトルとURLをコピーしました