HSPと自尊心

スポンサーリンク
自尊心
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんわ!ハイリーです。

今週も中日を越えましたね。
お疲れさまでした。
あと2日頑張っていきましょう!!

今日はハイリーさんと自尊心について書きたいと思います。

自尊心(じそんしん)とは、心理学的には自己に対して一般化された肯定的な態度である。 英語のままセルフ・エスティーム(英: self-esteem)とも呼ばれる。 ここでは社会心理学における自己の概念に関して、育み維持される自己評価や、あるいは「ありのままの自己を尊重し受け入れる」態度とする。

 ウィキペディア

自己肯定感とも言い換えてもいいかもしれません。
ハイリーさんは得てして自尊心が低いと思います。

私もそうです。

自尊心、自己肯定感が低く、自信もなく、
何かとビクビクしてる感じです。

これは気質にもよるのですが、そのせいで幼少期に
周囲からこういわれることにも原因はあるようです。

「神経質」、「細かい」、「繊細」、「気にしい」
「男のくせに!(男性に限る)」


なかなか理解される気質ではないので、
このような言葉を親、祖父母、親類から浴びていたと思います。

私もさんざん浴びせられてそのように自己認識し、
自尊心がないに等しい人間に成長しました。

「三つ子の魂、百まで」

とはよくいったもので、幼少期の体験はその後の人生に
大きく影響するものです。

そして、自尊心の低い人は自己に高度な要求をします。
自己に大きな目標をかかげ「XXXすべき!」と自己ルールを
設定して、自分を追い詰めてしまう傾向にあります。

私もそうでした。

その結果、どうなるか・・・ 

「うつになります。」

そうなる前に私は言いたい。
これは過去の自分にもいいたいのですが。

今の自分を受け止めて前を向く。

うまくできる自分もへたな自分も自分。
問題なく十分にうまく生きていけます。

そもそも、ハイリーさんは優秀です。
気づいて、手を施していけば、周囲より優秀なのです。
ただ、自尊心が低いせいか満足できません。
いいんです、満足すれば。

ほどほどでも十分。
もう少し自分を受け止めて生きていきましょう!
そのままでも大丈夫!

鈍感な世界に生きる敏感な人たち [ イルセ・サン ]

価格:1,620円
(2018/12/12 20:30時点)
感想(2件)

HSP
スポンサーリンク
yoshinagan77をフォローする
スポンサーリンク
ハイリーさんの日々是好日

コメント

タイトルとURLをコピーしました