HSPと自尊心②

スポンサーリンク
自尊心
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんわ!ハイリーです。

今週もあと1日、なんとか乗り越えましょう!

今日は昨日からに引き続きで、
自尊心について自分のことを書きたいと思います。

私は自分がHSPであることが分からず、
プロフィールにも書いた通り、物心がついた頃から
なんとなく、人と違う感性を持っているような気が
してモヤモヤと息苦しく思っていました。

別に勉強も運動もできない訳ではなく、
中学時代の勉強に関しては学年200人位で
10位前後でしたが、特にそれで自信はありませんでした。

毎回、「偶然、まぐれ」だと思っていたのです。

なんとか自分の自尊心の低さを克服しようと
高校時代には人とは違う経験を積もうと
仲間と自転車で四国一周、18きっぷで日本一周、
ボーイスカウトもやっていたので夏休みに17泊18日の
キャンプや富士山2回登山などいろいろとやりました。

でも、モヤモヤは消えません。

全部、仲間達のお陰だと思うのです。

そこで、大学時代は「深夜特急」という小説の
影響で海外旅行に行こうと
毎年、物価の安い東南アジアに1か月ほど行って、
外国人と話したり、酒を飲んだりと過ごしました。

周囲でそんなことをやってる友人は少なく、
私の海外旅行話を友人が尊敬の眼差しで
聞いてくれることで少しは自尊心といいますか
自己肯定感は高まりましたが少し経つと
またいつもの敏感な自分に戻っていました。

その後、就職活動はあまりやらず、
カナダに1年間語学留学し、外国人とシェアルームで
生活したり、ヨーロッパ一周したり、ニュージーランドに
2か月いたりとするのですが、全く自尊心は高まらず、
むしろ全て「まぐれ、偶然、運がよかっただけ」と思う始末。

一向に自信も湧きません。

カナダ留学時のホームステイ先のホストマザーからは
「あなたはあなたの世界で勝手にもがいてるだけのただの心配性!」
と言われてしまいました。

結局、そんなことを繰り返し、自尊心を満足させる為に
自分に高度な要求をし、負荷を掛け、前職でうつになったのです。

そして、心理学、精神医学、脳科学、スピリチュアルなどの本を
読み行き着いたのが自分はHSPだということ。

結果、気質なのでいかなる経験を積もうが改善されることはなく、
いかに対応するかが課題であるということがようやくわかりました。

今は自分を知る為にHSP関連の本を読んで勉強してます。
特にHSPはへたするとうつに発展する要素もありますので、
そこの関連性も調べようと思ってます。
(うつになる原因とHSPの特徴はリンクするところがあるので)

なので、自尊心を高めるには自分を知り、対応することが一番大事です!

パリのノートルダム大聖堂やミラノの大聖堂でミサが始まってることも
知らずに自分と向き合ったあの時間がなんだったんだろう・・・(苦笑)

 

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 (SB文庫) [ エレーン・N.アーロン ]

価格:842円
(2018/12/13 21:07時点)
感想(14件)

HSP
スポンサーリンク
yoshinagan77をフォローする
スポンサーリンク
ハイリーさんの日々是好日

コメント

タイトルとURLをコピーしました