AIに負けないHSP

こんばんわ!ハイリー(@yoshinagan77)です。

最近、AIという言葉をよく耳にします。
Artificial Intelligence(人工知能)です。

AIが今後、人間の仕事を奪い、日本に至ってた職種の半数以上がAIに取って変われるとか言われています。

では、AIの得意なものとはなんでしょうか?

定型的な業務
膨大な情報を扱う業務

ではないでしょうか?

反対に苦手なものとはなんでしょうか?

可変性の高い業務
人間に寄り添うような業務
感動を生み出す業務

状況にとっさに合わせることは苦手です。

解析できないことに答えは出せないのがAIだと思います。

定型的な業務/膨大な情報を扱う業務

マニュアル化されて機械的にこなせる仕事

医者(歯科、外科医を除く)
薬剤師、税理士、会計士、弁護士、司法書士、
工作機械オペレーター、コールセンター、
秘書、受付嬢、レジ係、事務員、ライン工など。
サムライ業(士業)一本だと今後はしんどいと言われてますよね?

可変性の高い業務/人間に寄り添うような業務

状況にとっさに合わせるような仕事

職人、外科医、歯科医、介護士、看護師、
保育士、美容師、サービスエンジニア、
俳優、女優、スポーツ選手、アーティスト、
技術士、シェフ、マネージャーなど。

「相手はこう思ってるはずだからこうしてあげればいいかな?」
「機械のここも悪そうだから換えておいた方がいいかな?」
「ここの感覚はいつもと違うから少し様子を見よう。」

とか人でないと分からない視覚化、数値化できない微妙な感覚はAIには難しいところ「ミュアンス」なんて言っても正直、人でないと分からないですよね。

AIには直感、洞察、ホスピタリティー、共感はありませんので、人間独自の感覚を活かせた仕事は今後も残ると思います。

その点、HSPはこの点には非常に優れているので、我々の良い点は十分に活かしていきましょう。

HSPは敏感すぎていろいろ見えてしまいがちですが、それは才能です。

そう我々「Gifted(ギフテッド)」なのですから。

ハイリー
ハイリー

HSP特有の能力を発揮するのじゃ!!

コメント